Atopic Dermatitis アトピー性皮膚炎
トップページTsukiji_Futaba_Clinic.html
 
  1. 箇条書き項目  まず、アレルギーについて

 今、日本にはなんと4500万人に及ぶ何らかのアレルギー患者さんがいる、と言われています。花粉症・喘息・アトピー・・・症状や患部によって病名は変わりますが、どれも『アレルギー疾患』です。

 アレルギー、とはそもそもどういう状態を言うのでしょうか。アレルギーとは、『本来、体を守るために働く筈の免疫反応が何らかの理由で暴走し、体に対して有害な反応となってしまう状態』を言います。

 問題は、世界中での精力的な研究にもかかわらずその『理由』がはっきりとは判明していない事にあります。その為になかなか有効な治療方法が見つかっていません。スギ花粉症はスギ花粉に対するアレルギー反応から来る病気ですが、何故スギ花粉なのでしょうか。ある人は大丈夫なのに別の人は大変な重症になる、去年まで大丈夫だったのに今年になっていきなり『花粉症デビュー』してしまうのは何故なのか。この『理由』が解らないために、結局のところ、対症療法が現在のアレルギー疾患の治療方法の主流になってしまっているのです。そして、残念な事に、現実問題として現在の医薬品ではコントロールは不十分であり、その結果、患者さん達は様々な補完・代替療法に関心を向けるようになり、健康情報の中でも『アレルギーから解放されるには!?』と言うのが特に人気の高い項目として頻繁に取り上げられる事になります。ですが、これまた残念な事に『全ての人に有効な治療法』と言うモノがなかなか存在しません。そのために巷には様々な治療法や健康食品の情報が溢れ返り、患者さん達はその情報の波に翻弄されているのが現状です。

 通常の医療現場に於て、本当の意味で有効な方法が開発されるには、まだまだ暫くかかります。それまではまだまだ今ある治療手段の中から有効な方法を探るしかありません。

 ただ、多くの場合、軽んじられている項目があります。『アレルギーは生活習慣病の側面を持つ』と言う考え方です。これは実は大変重要な事であって、あらゆる治療法はこの観点をおろそかにしていては充分な効果を発揮出来ません。逆に、この事をしっかり押さえておくだけで、これまであまり有効でなかった治療法が大変な効果を発揮するようになる事はとても多いのです。

 当院では、『生活習慣の基礎の上に行うアレルギー治療』によってこれまで多くの喘息・アトピーなどのアレルギー患者さんに顕著な状況改善の実績を上げています。

では、アトピーをどう考えればいいのでしょう?Atopic_dermatitis_2.html
トップページへTsukiji_Futaba_Clinic.html
アレルギーについて
アトピー性皮膚炎についてAtopic_dermatitis_2.html
アレルギーと抗生物質Allergy_and_antibiotics.html
アトピー・喘息・花粉症Allergic_diseases.html
アレルギーと遺伝Allergic_diseases_2.html
私自身のアトピーの変化Photos.html