Lifestyle related Disease 生活習慣病
トップページTsukiji_Futaba_Clinic.html

当院について            アトピー性皮膚炎                   生活習慣病                血液画像観察            自律神経機能            健康情報                   アクセス

 

基本は食のバランス


1:1:3

食事バランスを『この栄養素がどうの、あの栄養素はどのくらい』などと考えながら組み立てて行くのは大変な困難を伴います。当院では、もう少し生活の中で出来る考え方をご紹介しています

敵は間食にあり

『食事』は生きて行くのに不可欠なもの。でも、『間食』はそうではありません。で、この『間食』が、コレステロールなどを押し上げる大きな原因となります。

生活習慣指標として






生活習慣改善効果


  1. 1. 高脂血症の改善例

  2. 2. 高血圧の改善例

  3. 3. 半年以上の継続結果

 
 

一人一人に適切な生活習慣改善の為に

 日々の生活や、ひいてはその方の命にとって、障害のもととなるような病気にならないように。たとえなってしまったとしても日々の生活や命にとっての障害を最小限に抑えるように。

 その為に、予防の概念を軸に据えた、『みんなこんな感じ』で終わらせない、お一人お一人にしっかりと向き合った生活習慣改善を提案し、その実行のお手伝いをする事を、当院は診療の大きな柱としています。単に病気にならないようにする事だけが生活習慣改善の目的なのではありません。なってしまった病気の合併症を防ぎ、日々を健やかに暮らせるようにする事もまた生活習慣改善を柱とした『予防医学』の大事な役割です。

 当院ではこれまでにも、日々の暮らしの中で出来る、流行りや廃りに流される事のない地に足のついた生活習慣改善を、一般的な医療検査や『心拍変動解析』のような自律神経機能を見る為の最新の検査による病状判断、『血液画像観察』や『良導絡』と言った、生活習慣や臓器疲労の状態把握に繋がる代替医療的手法を組み合わせ、『協調医療』の理念のもとで実践し、予防医学としての成果を挙げています。

トップページへTsukiji_Futaba_Clinic.html